?

小学生に人気 おすすめの子供脱毛サロン

キッズにおすすめの子供脱毛

子供の脱毛について

最近の子供たちは、成長スピードがとても早くなってきています。
発育期の低年齢化により、身体の変化も低学年から始まります。

 

女の子は、鼻下のうぶ毛やワキ毛、腕やヒザ下など子供ながらに気にしているそうです。

 

やはり体育や水泳の授業で露出する部分が増えるとムダ毛が恥ずかしい。

 

ちょっとしたムダ毛でも・・・・

 

「口ひげが生えて男みたい!」

 

「ワキ毛が生えてる!」

 

・・・など、悪気はないようですが相手をからかって傷つけているんだそうです。

 

泣く女の子

 

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

 

近年、サロンでも子供を対象にした子供脱毛が増えてきえいます。

 

痛くない脱毛サロンがテレビやメディアでも取り上げられて、子供に脱毛をさせたいと思う親御さんが増えてきました。

 

子供脱毛を扱うサロンも増え、料金も安くなってきています。

 

お子さんが心配でしたら、一度相談してみてはいかがですか?

おすすめの子供脱毛サロン

第1位 ディオーネ

 

 

なんと3才から脱毛可能な人気サロン。テレビや雑誌などで何度も紹介されています。
ほとんど痛くない画期的な脱毛法(ハイパースキン法)で、アトピー肌・敏感肌・乾燥肌の方でも、しっかりカウンセリングしてもらえるので安心して脱毛できます。

第2位 ミュゼ

 

 

ミュゼプラチナムのキッズ脱毛なら年齢に関係なく脱毛することができます。
生理との関係を重要視しています。S.S.C脱毛を採用
脱毛可能かどうかを、子供に正しい周期で生理がきているかどうかで判断。
逆に言えば、生理がきていても施術が受けられるサロンです。

第3位 エピレ

 

 

エピレは、脱毛サロンで有名なエステティックTBCがプロデュースした脱毛サロンです。
脱毛が不安な女の子には、まずワキから試してみませんか?
両ワキ脱毛プランなら1回のコース時間がたったの8分です。
コース時は、必ず体感を確認しながら脱毛してくれるので安心です!
IPL脱毛を採用

第4位 脱毛ラボ

 

 

業界最安値を目指している脱毛サロン。それに安心の機材に顧問医師がいるのも特徴です。
有名芸能人の起用で多くの方が知っている知名度の高いサロンです。
施術予約も取れやすく、2週間に1回通ってOK!
気になる方は無料カウンセリングもあるので、一度体験してみては!
S.S.C脱毛を採用

 

あなたの地域の子供脱毛サロンをお選び頂けます。

ハイパースキン脱毛

素肌を出す季節も到来し、女性の場合はムダ毛処理にお悩みになっている方も大勢いらっしゃることでしょう。

 

自己処理だと手間と時間が掛かってしましますが、美容サロンならプロの技で美しく脱毛をしてくれます。
脱毛方法にはさまざまなものがありますが、最近話題になっている処理方法がハイパースキン脱毛です。

 

この脱毛方法は、以前まで美容サロンの定番であった光脱毛とはことなり施術を受ける方のムダ毛の成長周期に合わせてるのが特徴となります。
毛根まで熱を伝えることもまく、皮膚の表面までに光と留めて約36度〜37度の体温と同じだけの熱しか伝わらずヤケドを起こす心配もありません。
そのため、3歳児からでも安心して処理を受けられるのがハイパースキン脱毛になります。

 

ムダ毛の処理をおこなうためには、毎月最低でも2回の通いが必要になり完了するまでに半年ほどの期間を有します。
毛周期に合わせた施術なので、早期に結果を得られないところはありますがお肌へのダメージが少ないので敏感肌の方でも安心して処理が出来るといえます。
ハイパースキン脱毛の料金は1か所につき、約2万円なので美容サロンで受ける処理の中では比較的おやすくなっています。

 

SHR脱毛

これまで医療脱毛の分野において主流として扱われていたレーザー脱毛やIPL脱毛を改良し生み出されたのが、蓄熱式脱毛とも呼ばれるSHR脱毛です。
従来のレーザー脱毛やIPL脱毛は先天的に肌の色が黒い方や日焼けをしている方、デリケートな部位の黒ずみに対し施術を行う事が難しかったのですが、SHR脱毛は従来式のように高い出力でレーザーなどを照射しないため肌質や肌の色、部位に関わらず施術可能です。

 

もちろん、先天的に肌が強くないという敏感肌の方に対しても脱毛処理が講じられるのがSHR脱毛の特徴であり、刺激を与えず優しく施術する事ができる上に、産毛のように細い体毛もしっかりと処理できます。
また、SHR脱毛は刺激が小さな様子で処理できる上に全ての工程が完了するまでに要する時間が短いという特徴も有しているので、サロンに出かけて脱毛処理を受ける回数が少なく脱毛処理が負担になりません。

 

そのように速やかに脱毛処理の全てが完了させられるのは、SHR脱毛の毛周期に左右されないという強みが関係しており、従来のレーザー脱毛やIPL脱毛は成長期にある体毛にのみ効力を発揮する事ができましたが、SHR脱毛では成長期はもちろん退行期にある体毛にまで効果があるので期間が著しく短くさせられます。

 

SSC脱毛

脱毛の施術を受けたいと思っているものの、敏感肌のため痛みなどが気になって困っているという方もいるでしょう。
そのような方は、SSC脱毛を利用してみるのも1つの手です。
SSC脱毛における特徴の1つが、痛みが少なく軽い敏感肌の人でも施術が受けられるという点です。
安心して施術を受けられるようにするためにも、事前にカウンセリングで敏感肌のことを確認することも忘れてはいけません。

 

またSSC脱毛の場合には、ジェルを利用することで美肌効果が期待できるというメリットもあげられます。
肌の黒ずみなどの悩みも解消されるため、きれいな肌を保ちたいと考えている方にも適しています。
より多くの情報を把握したうえで判断するために、実際にSSC脱毛の施術を受けた方の意見を参考にすることも大切です。
さらにSSC脱毛には、滑らせながら照射されるため、1回あたりの施術時間が短いというメリットも存在しています。

 

さまざまなメリットがある一方で、脱毛の効果が実感できるまでに時間がかかるなどのデメリットもあげられます。
ジェルを塗るときに冷たいのが気になるという方にも向いていないので注意しましょう。
メリットだけではなくデメリットも把握して、SSC脱毛について考えていくことが大切です。

 

IPL脱毛

脱毛を外部で受ける際には、大きく分けるとフラッシュ脱毛と医療脱毛と2つあります。
その二つの中で永久的な効果が高いと言われているのがIPL脱毛です。
IPL脱毛とは、「インテンスパルスライト」を照射する事で発毛を抑えることが出来る方法です。

 

医療脱毛は痛みが強いという口コミが寄せられている事もあり、痛みに関して不安を持たれる方も多いかも知れません。
しかし最新の医療脱毛で採用されているIPL脱毛機は、蓄熱式のIPLエネルギーを毛根よりも皮膚の浅い層への照射となりますし、低い温度でじわじわと熱を与えていくことができるため、皮膚へのダメージも抑えることが可能です。

 

フラッシュ脱毛は黒い部分に反応する特殊な光の照射で脱毛をしていきますが、IPL脱毛は毛根の近くの部分へのアプローチとなるため、出力もこちらの方が高くなります。
もちろん確実性も高く一度照射したところからは、発毛することもほとんどないため通う回数が少ないと言ったメリットも有りますし永久的な効果が期待出来るのです。
エステサロンで使用されている脱毛機よりも出力も高いですし、医療機関でしか受けられない医療行為という点でもフラッシュ脱毛との違いがあります。

 

レーザー脱毛

脱毛の施術を受けたいと考えている場合のポイントの1つが、どのような施術の種類があるのかという点です。例えば脱毛サロンで行われることが多い光脱毛もあれば、クリニックで施術を受ければレーザー脱毛の利用も可能です。ここでポイントになるのが、施術の種類ごとにどのような特徴が存在しているのかという点です。

 

例えばレーザー脱毛の場合には、実はサロンでは実施できない施術となっています。
出力の強いレーザーを利用するため、医師免許を持っている方でなければ機器を操作できないのです。
医師免許が必要などの条件がある一方で、レーザー脱毛には高い効果が期待できるというメリットがあげられます。

 

少ない施術で高い効果を期待したいのであれば、レーザーによる脱毛を検討してみるのも1つの手です。
また高い効果が期待できる一方で、レーザー脱毛にはほかの施術方法よりも痛みを感じやすいなどのデメリットが存在しています。

 

カウンセリングなどの機会を利用すると、体験という形で一部の脱毛を試せます。
体験したうえで、問題なく自分がレーザー脱毛を利用できるか考えていくようにしましょう。
総合的に考えたうえで、自分に合っている施術なのか判断して選ぶことが大切です。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して電流を流すことで毛根を破壊しムダ毛が生えないようにする脱毛方法で、光脱毛やレーザー脱毛よりも歴史が古く最近ではあまり一般的な方法ではないようです。

 

毛穴に針を刺すという施術であることから、痛みはレーザーや光を使用した方法よりも強く、また時間も手間も掛かるのが特徴です。
痛みが強いということで敬遠されてしまうのですが、実はこのニードル脱毛が最も効果が高い方法であり、確かな永久脱毛効果があるといえます。

 

技術が必要であり手間も掛かるので、ニードル脱毛の費用は高めですが確実な脱毛が可能であり、施術が完了したと思ったら再び生えてくることがある光脱毛などに比べ、ストレスもなく完了してしまえば今後はムダ毛の煩わしさから解放されることになるでしょう。

 

また、レーザーや光では反応しにくく効果の出にくいムダ毛も、ニードルなら確実に処理できるのも魅力です。
最近は女性だけでなく男性も脱毛の施術を受けることが増えてきているようですが、男性の太くて硬いムダ毛もニードル脱毛なら確実に生えなくさせることが可能で、男性向けの脱毛は今でもニードル脱毛をお勧めするお店やクリニックが少なくありません。

 

しかし、女性の場合はまず痛みの少ない光脱毛などで様子を見て、それでも効果がない場合の最終手段として、ニードル脱毛を選ぶ傾向にあります。

アトピーの場合の脱毛方法

自宅で自分で脱毛を行うのは予約の必要もなく好きな時間にできるので、とても都合の良いことが多いですよね。

 

しかしサロンで行う脱毛に比べて仕上がりが汚かったり、肌が荒れてしまうようなリスクも多いです。

 

やはり時間とお金の都合がつくのであれば、脱毛サロンで脱毛をするのが好ましいです。

 

しかし、もともとアトピー肌の人であれば、そのカサカサに乾燥した肌を人に見せたくないということもあり恥ずかしいということもあるでしょう。

 

ですからアトピーの場合の脱毛は、比較的肌が落ち着いた状態である時に予約をして、カウンセリングをしてもらい、自分がアトピー肌であることを伝えておく必要があります。

 

カウンセリングで伝えておくことで、アトピー肌にも刺激が少ない方法で脱毛をしてもらうことができますし、またアトピーが悪化しそうであれば中断してもらうこともできます。

 

アトピーの場合の脱毛は、肌質を理解してもらって行うことが重要にもなってくるので、無料カウンセリングの時に伝えましょう。

 

また、使用するクリームやスキンケア製品が原因で荒れてしまう可能性もあるので、できるだけ低刺激のもので、パッチテストなどを行ってから施術してもらうようにしてみても良いでしょう。

 

自分で脱毛した方の体験談

自分で脱毛して失敗してしまった!

悩む女性

 

自分で腕や足の脱毛クリームを使ってセルフケアを行いました。
あまり気にせずドラッグストアで、お値段がお得な脱毛クリームを選んで使いましたが、使用後に毛穴が赤くなり、かなりヒリヒリするようになったので、脱毛失敗しました。

 

脱毛クリームを使って、毛穴が目立ちそしてヒリヒリするので皮膚科へ行って炎症を抑える軟膏を処方してもらうなど、かなり大変になったので脱毛クリームを使うときはきちんと敏感肌タイプを選ばないといけないんだなぁと感じました。

 

自分で適当に選んだ脱毛クリームを使ったことで、今回はかなり失敗してしまい肌トラブルを起こしてしまったので反省しています。
自分で脱毛する場合には、お風呂場で塗るので臭いもきつくないものを使うなど、様々な部分に考慮しておくことは重要だなぁと感じました。

 

けっこう手抜きしてしまったことで、肌トラブルの原因になり、脱毛クリームを使うのも抵抗感が出てきたのでだいぶネガティブになってしまいました。
脱毛をセルフで行う場合には、きちんと自分の肌にあったものかどうか、確認しないと肌トラブルになって大変なことになります。

 

やっぱり肌トラブルが起きるといばらく脱毛できないので、けっこうストレスになります。
やはり恥ずかしいとか言ってる場合ではありませんね。脱毛サロンへ通おうと思っています。

 

脱毛ジプシー

悩む女性

 

子供の頃からどちらかといえば毛深い方でした。
色白なせいで余計にむだ毛が目立ってとても気にしていました。
高校生になるとますます気になるようになり、どうすれば「むだ毛」を無くせるかばかり考えていました。

 

腕や脚はもちろん、背中のむだ毛も気になっていました。
気になるとは言えまだ高校生なのでエステにも行けず、最も手軽にできるシェーバーでの脱毛を試しました。
手頃な値段で簡単にすっきりさせることができ、ひとまず満足しましたが、繰り返しシェーバーを使っていると肌荒れを起こすようになりました。

 

数日あけて使用すればいいのに、新しいむだ毛が生えてきてチクチクするのが嫌で毎日シェーバーを使っていたからです。
やっかいなことにシェーバーを使った後に新しく生えてくるむだ毛は以前よりも太くて目立っていたのです。「剃ると濃くなる」と雑誌で見た時にはショックを受けました。

 

本当か嘘かは分かりませんが……。
でも今更シェーバーを使うのをやめるわけにはいかず使い続けました。
そのうちにシェーバーを使った部分の肌がカサカサするようになり、シェーバーを使うのを2日おきにするようにしてボディミルクで保湿するようにしました。
しばらくすると肌荒れは治まってきました。

 

家庭用光脱毛器でVIOライン脱毛

悩む女性

 

ムダ毛があることが嫌でVIOラインのムダ毛も処理をしています。
エステサロンで処理をしてもらえれば安心かなと思うのですが、人にデリケートゾーンを見られることは恥ずかしいので自分で処理をしています。

 

手軽にできる処理方法がカミソリです。
しかし、VIOラインはデリケートなのでカミソリで処理をする際に傷つけてしまう心配があります。
また、繰り返しカミソリで処理をしていると黒ずみができることがあります。

 

比較的安全に自宅で処理できる方法が光脱毛です。
私は家庭用光脱毛器を使用してVIOラインのムダ毛処理を行っています。
私が使用している脱毛器は出力レベルを10段階調整できるものです。
デリケートな部位のムダ毛処理をするので、できるだけ肌に刺激を与えないように最低レベルの出力で処理を行っています。

 

Vラインの脱毛は簡単にできるのですが、IラインやOラインは自分では見えにくいので処理が難しいです。
こういった部分は手鏡を使いながら慎重にムダ毛ケアをしています。
慎重に行っているのでこれまで肌トラブルを起こしたことはありません。

 

多少時間がかかっても、ゆっくり丁寧に処理をして傷つけないようにすることが大切だと思います。
VIOラインの脱毛をしておくことで、ムレにくくなったし、臭いが気になりにくくなったし、快適な状態です。

 

ムダ毛を抜き続けた後レーザー脱毛へ

悩む女性

 

私は小学校六年生ぐらいのときからVIOの毛が生え始め、そのときには「こんなところに毛が生えているなんて嫌だ!」という思いで剃り落としていました。

 

そして大学生になってからは「もう大人だけどここの毛はない方がスッキリしていて良い」という思いから毛抜きで一本一本抜く習慣を始めました。

 

やはり根本から処理するとツルツルになりますし、生えてくるときにチクチクしないで済むので抜く方が好きでした。生えてくるペースも遅くなります。

 

しかしながら社会人になってからもずっとそれを続けていたら、脚の付け根に埋没毛ができてしまったり炎症が起きてしまったり、ときには痛い腫れもののようなものができてしまったりして、怖くなるときもありました。

 

それで長期的に肌のことを考えた結果、去年からは美容クリニックでレーザー脱毛をしてもらうことにしました。
もう通い始めて一年ぐらいになりますが、数ヶ月おきに通ってはVIOの脱毛をしてもらっています。

 

行く前日には自分で剃っておくのですが、アレキサンドライトレーザーといったレーザーで脱毛してもらい、その日はお風呂に浸かることには避けなくてはいけませんが次の日からは保湿に気を付けながらも元通りの生活に戻ることができるので便利です。

 

脱毛後の数週間後には脱毛した部分の毛が抜け落ちるのですが、今は生えてくる毛の量が減ったとは思うのですがやはりツルツルになるまでは後何度も回数はかかりそうです。

 

脱毛期間中は毛抜きで抜いたりすると毛のサイクルが乱れて脱毛効果が得られなくなるので抜いてはいけないと言われています。

 

レーザー脱毛がきっかけで毛抜きでVIOの毛を抜くことがやめられたことも良かったです。
最初からレーザー脱毛でVIOの毛の処理をしておけば良かったです。

 

VIOは、サロンへ行きたいです

悩む女性

 

私はVIOの部分は20代に入ってから処理をする様になりました。
それまでは特にお手入れをしない、あくまで自然派でしたが、ある時、友人数名と旅行へ行った時に、あまりにVIOが整っていて、自分とは違ったので衝撃を受けました。

 

その時に何となく聞きずらかったので、あえてVIO処理については聞きませんでしたが、別の機会に友人にVIOのことについて聞いてみたのです。
すると、一人の友人はサロンでお手入れをしたと言う事を話してくれました。

 

それまで私はサロンへ行った事もなければ、繊細な部分をサロンでお手入れすると言う事に驚きましたが、あれだけ、キレイに手入れがされているのは、サロンしかないなかと言う事も同時に感じた瞬間でもありました。

 

当の私はVIOのお手入れをはじめましたが、ネットでやり方を紹介している方の真似をして、お線香で長い毛をカットする様にしていきます。
次に短く焼ききった毛をカミソリでそったり、パンツラインからはみ出る部分は毛抜で抜いたりしています。

 

しかし、抜いた部分はプツプツと赤くなる事が多いので、今後は専門のサロンでVIOの処理をしたいと考えています。
お手入れは永遠に続くので、多少費用が掛かっても、きっちりと専門サロンで手入れをしたいです。

脱毛サロンで脱毛した方の体験談

脱毛サロンを利用するのがベスト

笑顔の女性

 

私はVIO脱毛は、脱毛サロンを利用して処理しています。
もともと毛深い体質でしたが、以前はカミソリで自己処理をしていました。
しかし、カミソリを使って脱毛処理をしていると毛質がさらに濃くなったり毛の生える範囲も広がってきたりして、さらに毛深くなってしまいました。

 

なので、社会人になりある程度経済的に余裕ができた頃、以前から気になっていた脱毛サロンに通い始めました。
脱毛サロンの処理は、初めのうちは施術で痛みがあったことが難点でしたが、回数を重ねるごとに痛みが薄くなってきましたしそれ以上に利用してよかったと思う効果の方が大きかったです。

 

かなり毛深くなっていたのに、見る見るうちに毛量が減り自分の理想の見た目になりました。
カミソリの処理では毛穴はブツブツしたままでしたが、脱毛サロンの処理では毛穴もツルツルになり目立たなくなりました。
また、永久脱毛なので一度脱毛が完了してしまえば二度と自分で処理する必要もないのでめんどくさくなくてとても楽です。

 

脱毛サロンでVIO処理をすることは、経済的には私のような普通のOLさんなどでは少々高く感じるかもしれませんが、毛深い体質などで悩んでいるのならば脱毛サロンを利用してみることは十分メリットが大きいのでオススメです。

 

脱毛エステでVIO脱毛

笑顔の女性

 

VIOの処理は昔は自己処理をしていました。
除毛クリームを使って自己処理をしていたのですが、何度か使っていると肌が赤くなって痛くなってきたので、自己処理は無理だと感じたんです。

 

そこで思い切って、脱毛エステでVIO脱毛をすることにしました。
通うまでは恥ずかしいという気持ちがありましたが、一度通ってしまうと慣れたので最終的には通って良かったと思っています。

 

全身脱毛のなかのVIO脱毛だったので、2年ぐらい通いました。
痛くないと言ったら嘘になりますが、我慢できる痛みでした。
保湿ローションを塗ってくれるのでデリケートな部分の脱毛ですが一度も肌荒れしませんでしたし、逆に肌がスベスベになり満足です。

 

エステでVIO脱毛をすることでムダ毛が生えてこなくなりました。
家での自己処理の回数がすごく減ったので良かったです。
自己処理をしていると翌日にはムダ毛が生えてくるので、チクチクして痛いんですよね。

 

ちょっとムダ毛の処理をサボってしまうと、ムレたり痒くなったりします。
不衛生だなと思っていました。
脱毛エステでVIO脱毛をしたおかげで、とても清潔感がありムレや痒みなどに悩むことがなくなりました。
毛深かったのですが、薄毛になったので自信が持てるようにもなりました。

 

VIOは医療レーザー脱毛をしています

笑顔の女性

 

VIOのムダ毛の処理は、レーザー脱毛に通っています。
脇脱毛をしていて効果が高かったのでVIOも始めたのですが脇のようには効果が出ずに、やってもやっても生えてきます。
先日3回目の施術をしたので、友人が言うには10回は必要でまだ足りないとのことなのですが、本当に完了するのか不安です。

 

ジェントルレーズという海外のメーカーのものを使っていて、日本では一番実績のあるマシンなのですがこれがかなり痛いのです。
Iの方が痛いといわれていますがVも結構痛くて耐えるのに必死です。
いくつかのクリニックに行っていますが、そこによって出力が違うので弱いところはあまり痛くないですが、強めのところは我慢できないくらい痛いです。

 

出力が強めのところで受けた時には全照射をお願いして、かなりつるつるになりました。
なぜか一か所照射漏れのような点が残ってしまって残念でしたが再照射のクレームは言わずにそのままにしたため、しばらく変なデザインで過ごしました。
2回目はそのことを話して丁寧にやってもらいましたが、いったんはつるつるになりますがすぐにふさふさになってしまいます。

 

先日3回目の施術で受けたところはあまり痛くなかったので、効果は期待できないかもしれませんが丁寧な施術だったのであと何回かは通ってみるつもりです。
でも、自己処理に比べると毎日楽なので総合的にはおすすめです。

全国の子供脱毛対応サロン

お子さんを脱毛させたくても、通わせたいサロンがどこにあるのか見つけるのも大変です。
そこで、近くて通いやすいサロンがすぐ分かるように下記にまとめてみました。
ぜひ参考にして下さい。

 

挨拶

都道府県名

県庁所在地

北海道(ほっかいどう) 札幌(さっぽろ)
青森県(あおもりけん) 青森(あおもり)
岩手県(いわてけん) 盛岡(もりおか)
宮城県(みやぎけん) 仙台(せんだい)
秋田県(あきたけん) 秋田(あきた)
山形県(やまがたけん) 山形(やまがた)
福島県(ふくしまけん) 福島(ふくしま)
茨城県(いばらきけん) 水戸(みと)
栃木県(とちぎけん) 宇都宮(うつのみや)
群馬県(ぐんまけん) 前橋(まえばし)
埼玉県(さいたまけん) さいたま(さいたま)
千葉県(ちばけん) 千葉(ちば)
東京都(とうきょうと) 東京(とうきょう)
神奈川県(かながわけん) 横浜(よこはま)
新潟県(にいがたけん) 新潟(にいがた)
富山県(とやまけん) 富山(とやま)
石川県(いしかわけん) 金沢(かなざわ)
福井県(ふくいけん) 福井(ふくい)
山梨県(やまなしけん) 甲府(こうふ)
長野県(ながのけん) 長野(ながの)
岐阜県(ぎふけん) 岐阜(ぎふ)
静岡県(しずおかけん) 静岡(しずおか)
愛知県(あいちけん) 名古屋(なごや)
三重県(みえけん) 津(つ)
滋賀県(しがけん) 大津(おおつ)
京都府(きょうとふ) 京都(きょうと)
大阪府(おおさかふ) 大阪(おおさか)
兵庫県(ひょうごけん) 神戸(こうべ)
奈良県(ならけん) 奈良(なら)
和歌山県(わかやまけん) 和歌山(わかやま)
鳥取県(とっとりけん) 鳥取(とっとり)
島根県(しまねけん) 松江(まつえ)
岡山県(おかやまけん) 岡山(おかやま)
広島県(ひろしまけん) 広島(ひろしま)
山口県(やまぐちけん) 山口(やまぐち)
徳島県(とくしまけん) 徳島(とくしま)
香川県(かがわけん) 高松(たかまつ)
愛媛県(えひめけん) 松山(まつやま)
高知県(こうちけん) 高知(こうち)
福岡県(ふくおかけん) 福岡(ふくおか)
佐賀県(さがけん) 佐賀(さが)
長崎県(ながさきけん) 長崎(ながさき)
熊本県(くまもとけん) 熊本(くまもと)
大分県(おおいたけん) 大分(おおいた)
宮崎県(みやざきけん) 宮崎(みやざき)
鹿児島県(かごしまけん) 鹿児島(かごしま)
沖縄県(おきなわけん) 那覇(なは)

 

page top